前へ
次へ

比べるなら新しい技術

技術の比較をするならば、やはり新しいものが対象になります。歯科・歯医者での新しさの比較は、虫歯治療ならば、歯をむやみやたらに削らない治療技術でしょうし、痛みレスという内容でしょう。しかし、高齢者の治療の大半は残留する歯のメンテナンスですが、抜けた歯の周りの歯に負担をかけない新しい治療技術が必要ではあります。それはインプラント治療ですが、それだけでなく、入れ歯にも最新の技術が使われています。例えば、スイングロックという機能性で提案を受けることは最近の話です。もちろん、技師の歯型の模型による作成技術も必要です。入れ歯は、どうしたってぐらぐら固定できない装着感により、食事どころではない声もあります。固定するためにクラスプやノンクラスプなどが技術として使われますが、その中でもスイングロックは、下顎の歯茎への密着、正常な歯を挟む込む安定を確保できる技術なのだそうで、今は、新しい技術が地方にもしっかり入ってきています。

Page Top